インテリアハウス窓

年中無休(GW,年末年始除く)10:00~18:00 電話でのお問い合わせはこちら TEL:055-971-3900

施工例・お知らせ

【施工例 イヴァナ ヘルシンキ】

先日お取付のお客様です。

リビング・ダイニングにIvana Helsinki / イヴァナ ヘルシンキのTimanttiをお選びいただきました。

ダイニングがブラック、リビングにブルーです。

Ivana Helsinki / イヴァナ ヘルシンキはフィンランドのブランドです。

以前のブログでの紹介の記事はこちらです。

軽やかながら、個性・デザイン性を感じられるコーディネートですね。

2階は、当店でも人気の高いバンブーブラインドを提案させていただきました。

色はアーモンド色。床と合わせました。

バンブーブラインドは天然の竹材を使っており、ウッドブラインドより羽の厚さが薄く軽量です。

そのため、畳んだ時の羽の溜まりが少ないなどの利点があります。

以前のブログでもバンプーブラインドの施工例を紹介しております。

こちらはさわやかな白のコーディネート。

施工例【リノベーション】2階

【バンブーブラインドで、シンプルに】

LOVERS SPORTS 清水町店開店

店内では、「バンブーブラインド」の窓のサイズのサンプルのご用意がございます。

実物の色、操作感をお試しください。

 

【生地選定】選ばれた1500点

「インテリアハウス窓」では、常時1500点のサンプルを展示しています。

この1500点は、多くのメーカーさんから取り寄せた数千のサンプルから「インテリアハウス窓」の目で厳選した1500点です。

 

今日も選定作業をしていました。

事前についている各スタッフの採用してほしい生地のチェックも参考に、

デザイン・色・生地の組成・機能・今お店に並んでいるサンプルとのバランス

そして、価格。

様々な条件を考えて、検討を重ね採用を決定します。

この選ばれたカーテンが、店頭に並びます。

店頭で並ぶカーテンはどれも自信をもってのお薦めのお品です。

こちらのブログでも、生地の紹介していきますので、お楽しみください。

 

【生地紹介】魅惑の濃紅

気になっていました。

こちらの生地。

こんなに深い色なのにしなやかさも感じるのはなぜだろう?

生地のアップです。

先日、株式会社Fab・4・Work代表である大場麻美先生(日本テキスタイルデザイン協会 副理事長)を講師に迎えての1日社内研修で教えていただいたことを思い出しました。

先生に生地を糸にほどいたり、顕微鏡でみて生地の特性を教えていただきました。

生地を触って、裏をみて、、、、、、、二重?、、、風通織り

表面の生地はオーガンジー。

それも下の生地と同じ濃紅の色のとても薄い細い糸を使っています。

下からは光沢のある深い濃紅が見えました。

この組み合わせが、光により地の色が強く見えたり、表面のオーガンジーが見えたりして表情を出していたのですね。

二重でも、一枚が繊細なオーガンジーなのでしなやかさが感じられたのだと思いました。

 

色違いはこちら。

シンプルですが、華やかなのはやはりオーガンジーとの二重織りだからでしょう。

これからも素敵な生地の良さを伝えられるように、頑張ります。

【勉強会】タチカワブラインド 新製品

今朝の開店前の勉強会

スタッフが熱心に見ているのはこちら

新製品の構造を理解するため、分解しています。

6月発売されました タチカワブラインドのヨコ型ブラインドSILKY。

ブラインドを降ろす時に操作コードを少し引くだけでゆっくり降りるRDS(減速降下機能)が搭載されました。

RDS(減速降下機能)の仕組みを知るために、分解しておりました。

なぜ、ゆっくり降りるのだろう?

ゆっくり降りることの利点は?

RDS(減速降下機能)が付いたことでの今後のメンテナンスの違い

製品を見ながら、ディスカッション。

 

もう一つのテーマはメンテナンスシールについて。

窓まわりの商品の中にはメンテナンスシールが貼ってあるものがあります。

こちらはブランドについていたシールです。

 

この羅列した数字の中に製品の様々な情報が入っています。

メンテナンス・交換等の際にこの情報がわかるとスムーズに進みます。

 

「インテリアハウス窓」では、月に数回このような勉強会を開催しています。

朝勉強会をやると、スタッフの士気が上がります。

皆さんのご相談の力になれますよう、今後も続けていきたいと思います。

【生地紹介】遮熱糸100%のレースカーテン

昼間の温度が高い日が続くようになりました。

クーラーを効率的に使うため、遮熱対策の一歩はまず窓のからの熱を防ぐこと。

 

そこで今回は、窓から入る日差しを遮ることに特化したレースカーテンをご紹介いたします。

今までも遮熱カーテンのお取り扱いはございましたが、今回のように遮熱糸100%の生地は市場にあまり出回っていません。

「遮熱糸」とは、金属酸化物を封入したポリエステル繊維です。金属酸化物により、太陽の熱を反射し、室内温度の上昇を抑える遮熱効果を発揮します。

手触りもさらりとしています。

透過性もあることが、下の写真でわかります。

申し訳ございませんが、遮熱対策のレースカーテンは、夏場にはやはり品薄になりがちです。

気になる方はお早めのお問合せをお勧めいたします。