055-971-3900

年中無休10:00〜18:00

(夏期休暇・冬期休暇・GW等を除く)

CASE

施工事例

icon_background

【施工例 幣家のリフォーム ダイニング】

2017年8月23日

  • ダイニング
  • お知らせ
  • 施工例
  • バーチカルブラインド

スタッフである私の築37年の家をリフォームいたしました。

今回はダイニングを紹介させていただきます。

【リフォーム後】

 

【リフォーム前】

キッチンリフォームに伴い、クロスも天井・壁と張り替えました。

クロス貼り替えは私共別事業部、インテリアコイケにて、施工いたしました。

正面のアクセントクロスは、1861年創業のドイツの老舗壁紙メーカー「rasch」社製。

こちらが「rasch」社のカタログです。

ご興味のある方は、カタログが「インテリアハウス窓」の店頭にございます。スタッフに声をかけてください。

 

窓は、今まで窓の幅のローマンシェードを2台付けておりましたが、今回は壁の高さ・幅のバーチカルブラインドにしました。

商品を選んでいる間に気がついたのですが、今回のリフォームは窓枠等を替えていないため、他の部分を新しくした分窓枠の古さが目立つようになりました。

そのため、今回は窓商品を窓の大きさより大きくして、窓自体を目立たなくして光を取り入れることを考えました。

バーチカルブラインドは、片開きにして開けた時のたたみ代(たまり)を窓がない壁の部分に寄せるようにしました。こうすることにより窓を開けた時、たたみ代で窓を塞がないようにしました。

 

窓は掃出し窓で、両方の窓より出入りがあるため、左右どちらからも開閉できる「両端操作」にしました。

そして視線を防ぎながら、光を入れるため、羽と羽の間に、ミラーレースの生地を交互に入れたセンターレースにしました。

「インテリアハウス窓」の店頭にも、バーチカルブラインドのセンターレースの実際の窓のサイズのサンプルがございます。操作方法・操作感等を、お試し下さい。

このリフォームで選ぶ側になり、使う側になり気づいた点・感じたことを生かしながら、お客様のカーテン選びのお力になれればと思いました。

 

 

【年間人気ランキング紹介    遮光カーテン】

【年間人気ランキング紹介    ドレープ】

関連記事

PAGE TOP