インテリアハウス窓

電話でのお問い合わせはこちら TEL:055-971-3900

カーテン選びのポイント

How To カーテン!?

インテリアハウス窓では、常時1500点の豊富なサンプルを展示しており、気に入ったカーテンをお選び頂きご自宅で試着するので、お部屋にぴったり合うお気に入りのカーテンが見つかります。ルームスタイルに合うカーテンの選び方のポイントやカーテンに関するイロハをご紹介いたします。

カーテン生地の素材 カーテンレールの種類 カーテンのお手入れ カーテンの種類

お部屋別カーテンの選び方

リビングルーム Living room

リビングルームは、住まいの中心となるお部屋。
家族全員が憩う場所であり、また、時としてお客様をもてなす場でもあります。ソファや家具や床、壁、天井とのカラーコーディネートにも気を配り、家族みんなが心地よく過ごせる色・デザインを選びましょう。
出窓は、スタイルカーテンでエレガントな雰囲気を演出します。

キッチンルーム Kitchen room

汚れやすく火を使うキッチンには、アルミ製のブラインドなどがおすすめです。
小窓にはブラインドやカフェカーテン、ロールスクリーンなどを取り付けるとおしゃれなアクセントになります。

ベッドルーム Bed room

寝室は一日の疲れを癒す場所です。
安眠を考えると、光を通しにくい遮光性のカーテンがおすすめです。落ち着いた色調の、ベッドカバーなどの寝具と上手にコーディネートすれば、インテリアに一体感が生まれます。
また、女性などプライバシーを大事にしたい場合は、ミラー効果のあるレースのカーテンがおすすめです。

和室 Japanese room

日本人にとって和室は誰もが一番落ち着ける部屋かもしれません。
和室の雰囲気に合ったものを選びましょう。すだれ型スロールクリーンや木目のプリントを施したブラインドなど木製や和紙風などの素材で出来た、和のイメージを壊さないものがおすすめです。

子供部屋 Kid's room

子供部屋には、お子様の成長に合わせたデザインを考えましょう。大きくなっても使えるチェックや、ストライプ柄などがおすすめです。
幼児期は豊かな感受性を大切にし、明るい色・ポップ・カラフルもの、また男女を色で分けるのも一つの方法です。子供部屋のカーテンは汚れがちなので、家庭洗濯機でも洗えるウォッシャブルタイプのものを選びましょう。