055-971-3900

年中無休10:00〜18:00

(夏期休暇・冬期休暇・GW等を除く)

CASE

施工事例

icon_background

【施工例 Morris Design Studio】

2021年11月24日

  • 施工事例
  • リビング
  • カーテン
  • 施工例

今日、ご紹介のお客様は「Morris Design Studio」のファブリックを選んでいただきました。

「Morris Design Studio」はWilliamMorrisのデザインを引き継いだサンダーソン社のライセンスのもと、そのデザインを織物ととて再現しているブランドです。

「Morris Design Studio」ブランドサイトはこちら

 

リビングダイニングにはマリーイザベル

1890年にウィリアム・モリスの一番弟子であるジョン・ヘンリー・ダールによって、刺繍のデザインとして製作されました。

大きなリピートの大胆なデザインを刺繍ステッチのように見える織りで表現されています。

グリーンを置くことで、お互いを引きたてていますね。素敵です。

とても新鮮に感じたのが、広縁にかけたマリーイザベルと欄間や障子とのコーディネートです。

和のテイストになじむことは、驚きでした。

照明のアクセントも効いています。

そして、寝室に選んでいただきましたのはハニーサクル&チューリップⅡ

すいかずらとチューリップをざっくりした大らかな表情と、緻密さのコントラストが美しい、高級感あるナチュラルな織物に仕上げました。

花や葉に濃淡のある糸で麻のような色や質感、又、立体感を表現する為に太いスラブ糸を使用しています。

窓がベッドから近いため、冷気・光をより防ぐために遮光裏地をご提案しました。

遮光裏地はつけることで、ドレープカーテンの織り・柄・質感がより感じられ高級感が増します。

又、日焼けによる劣化を防ぎ、長く美しさを保つことができます。

保温性が高まることも魅力です。2枚の記事の間に空気の層ができ、断熱性が高まります。

お客様の窓は、窓の枠より大きくカーテンで覆っているため、より遮光裏地をつけるメリットが生かされます。

 

 

 

【人気№1のロープタッセルに新色が追加】

関連記事

PAGE TOP