インテリアハウス窓

年中無休(GW,年末年始除く)10:00~18:00 電話でのお問い合わせはこちら TEL:055-971-3900

施工例・お知らせ

【施工例 眺めのよいお部屋】

先日のお取付のお客様です。

とても眺めのよいお住いです。

お客様のすっきりとシンプルがお好み等のご要望を伺いながら、お話し進めさせていただきました。

【キッチン】

今まで取付のウッドレールからロールスクリーンへの掛け替えました。

コンロから近いことや、デザインのシンプルさで選んでいただきました。

色も壁紙に近い色ですっきりしています。

 

【ダイニング】

ドレープは輸入ファブリックスの「GOSIKI」のシリーズから選んでいただきました。

レールがカーテンボックス内についており、ドレープを閉めた時に縦の線が協調され天井高が高く感じられます。印象的にも、すっきりします。

ドレープの生地でスリッパもご依頼頂きました。

 

 

【和室】

閉めた時にも眺望を見渡せる竹経木を選んでいただきました。

竹経木越しの景色も素敵ですね。

【寝室】

遮光カーテンを選んで頂きました。

落ち着いた色合いにざっくりした質感が、高級感を加えています。

 

 

【追記】

お客様より、夜の時間のお写真を

「カーテンが入ってとても素敵になりました。」とのお声を添えて、送っていただきました。

ダイニングのシャープシェードです。

シェードのすっきりとした印象と丸いダイニングテーブルの曲線がひきたてあっています。

 

和室の竹経木の閉めたお写真

【施工例 御菓子処 雅心苑 金岡店様】

今日は、先日ロールスクリーンのお取付いただいた「御菓子処 雅心苑 金岡店」様をご紹介させていただきます。

お店の正面は、ロールスクリーン9台が並びます。

そこで両端2台づつは、雅心苑様のお店でもよく使われているえんじ色を提案させていただきました。

両端に濃い色があることで、まとまりを感じます。

以前は操作方法がチェーン式のロールスクリーンをつけていらっしゃいました。

今回はロールスクリーンの操作方法のプルハンドルをお薦めしました。

プルハンドルは、チェーン式より開閉の手間が多少かかります。

しかし、雅心苑様のご使用は、開店時はほとんどロールスクリーンを上げたまま、閉店時にロールスクリーンを閉めるとのこと。

一日の開閉の回数が少ないということが、確認できましたので、お薦めしました。

チェーン式ですと、開店時にチェーンがロールスクリーン9台分垂れている状態になります。

営業中のお客様出入りの時間も、店内がスッキリとします。

それに加え、お客様がひっかかって転ぶ、小さいお子さんが遊ぶ等の安全面を考えてのご提案させて頂きました。

開店時のロールスクリーンの巻き上げての様子です。

とてもすっきりとして、お店のポスターご案内か゛引き立ちます。

店内奥には、飲食コーナーが併設されています。

こちらの出窓にも、正面と同じように両端色を変えてのアクセントが効いています。

 

一番人気の「雅心だんご」です。

団子生地が柔らかく、中のこしあんとの相性バッチリです。

こちらはお薦めの「西浦寿太郎蜜柑ゼリー」

第27回全国菓子大博覧会(お伊勢さん菓子博)において、観光庁長官賞を受賞されたそうです。

御菓子処雅心苑

金岡店沼津市筒井町1-3

TEL 055(924)6250

HPはこちら

 

 

 

 

 

 

【施工例 弊家のリフォーム キッチン】

今回、スタッフである私の築37年の家をリフォームをしました。

「インテリアハウス窓」の商品を数点取り付けましたので、紹介させていただきます。

最初にキッチンです。

キッチンの窓には、ニチベイのロールスクリーン「Trend  Collection」のアドルシースルーを選びました。

 

こちらの窓はリフォームのため窓と収納棚の空間があっていません。

窓枠の色もブロンズ色で大きさがあっていないことが、よくわかります。

そのため収納棚の空間の大きさにあわせたロールスクリーンを選びました。

【取付前】

 

 

「Trend  Collection」は以前にもこちらの記事にて紹介しております。

「Trend  Collection」はベース生地にデジタルプリントしているため、同じ柄でもシースルー生地とミディアム生地を選べる柄があります。

こちらのアドルも選ぶことができました。

今回は光を取り入れたかったので、シースルー生地を選びました。

また、ロールスクリーンを閉めた時にウエイトバーが作業台を狭くしてしまったり、物にぶつかるため、ウェイトバーをミニマルタイプという細いものにしました。

ミニマルタイプにすると、生地で包むため、ウエイトバーが目立たずデザイン的にもすっきりします。

 

光を防ぐ窓と光を取り入れる窓

先日お取付のお客様です。

とても眺望のよいマンションにお住まいです。

【お取付前】

 

【お取付後】

今回はお客様のご要望を伺い、両端の引違いで開閉できる窓に、淡いグリーンのロールスクリーン。

開閉しないFix窓にウッドブラインドをお取付しました。

お客様はウッドブラインドの光の入り方、デザインを気に入っていただきましたが、夜は周りの看板等の明かりが気になるとのご要望がありました。

そこで、周りの明かりが気になる両端の窓を遮光の生地のロールスクリーン。

真ん中の窓はウッドブラインドにしました。ウッドブラインドは羽に穴のないタイプをお選びいただきました。

少しでも光が漏れぬよう、ロールスクリーン・ウッドブラインドの両端を重ねました。

 

 

 

こちらが、閉めた状態です。

ネオンが気になるところは、ロールスクリーンで遮光し、ウッドブラインドの光の入り方で雰囲気がでて、お客様に喜んでいただけました。

 

【モノトーン+ガーネット】

先日、お取付のお客様。

お嬢様のお部屋です。

モノトーンの内装・家具類に合わせたのが、ロールスクリーン「ガーネット」色。

 

縦三連の窓はそれぞれ3台のロールスクリーンにしました。

鏡の上の横並びの2窓は、一台のロールスクリーンにすることで鏡との一体感が出ます。