インテリアハウス窓

年中無休(GW,年末年始除く)10:00~18:00 電話でのお問い合わせはこちら TEL:055-971-3900

施工例・お知らせ

【生地紹介 ハイコストパフォーマンスな生地】

今日は、私が店内のサンプルの中で、コストパフォーマンスが高いと感じておりますこちらの生地を紹介します。

 

こちらの生地の特徴は、

1.とてもきれいなドレープが出ます。

カーテンを閉める時も開ける時も、簡単にきれいに整います。

 

2.色・質感・デザインともにすっきりとした印象です。

縦に流れる流線型のデザイン。

濃淡をつけた色の間には、アクセントの線が入っていて閉めた時にも縦の流れのデザインが見えます。

質感も、程よい厚さ、しなやかさがあります。

3.いろいろなテイストのお部屋にもあわせやすい。

4.タッセルなどの小物で、表情が変わる。

それぞれに違うデザインのタッセルをコーディネートしました。

5.ウォッシャブルで扱いやすい。手入れがラク。

これらの特徴があり、お値段がお買い求め易い価格となっています(o^―^o)ニコ

お薦めです。

 

【生地紹介 ハンサムスタイル】

今日は、店内のディスプレイを紹介します。

ドレープはブリティッシュな色合いです。小豆色が効いています。

男性のジャケットを連想をさせるきりっとしたストライプ。

レースは横ボーダーで、こちらも辛口テイスト。

カーテンホルダーは艶消しブラックの金属ホルダーです。

カーテンレールもハンマートーンのブラックとアンティーク感のある木目の組み合わせ。

男前コーディネートになりました。

店内の各所に、スタッフがコーディネートしたコーナーがございます。

お楽しみください。

【生地紹介 新コーナーができました。 】

店内ブランドコーナーに、洗練された生地を集めたコーナーが、できあがりました。

どの生地からも上質さが伝わります。

では、このコーナーから数点をご紹介します。

まず、こちらの2点。

天然繊維の風合い漂うベース生地に、光沢のある糸を使ってのボリュームのある刺繍を合わせているところがこなれていて素敵です。

ベースの色も、一言で表せない上品なペールトーン。

クッションは色違いの生地で。

(サンゲツHPより)

 

次の2点は、厚手に仕上げたジャガード織物。

鮮やかな色糸使いで空間を華やかに演出します。

(サンゲツHPより)

 

こちらの生地は近くで見ていただきたい総柄刺繍。

ナチュラルなベース生地が、花の刺繍をより引き立てています。

スクライプされた床にも合いますね。

(サンゲツHPより)

どの生地も、なじみやすい高級感。

いろいろなテイストの部屋に溶け込みながらも、存在感があります。

春になり、新柄が入荷し始めました。

次回から、新柄の紹介いたします♪

 

 

【生地紹介 zig zag】

今日のご紹介は、ジグザグ模様に織られた生地です。

いろいろなタッセルとあわせても馴染みがよく、それぞれのタッセルでカーテンの表情も変わります。

写真を撮っていて、感じました。

リップの色で顔色・表情が変わるみたい。と

タッセルの合わせ方により全体の印象が明るくなったり、おちついたり、エスニック調になったり

とても楽しかっです。

お色は3色。

先日のお客様は、同じ部屋に色違いのローマンシェードを取り付けられました。

とても素敵でした。

「インテリアハウス窓」スタッフ全員が、窓装飾プランナーです。

ご相談ください。

 

【生地紹介 William Morris】

店内にあります「William Morris」のコーナーです。

 

一番手前は、「いちご泥棒」の新色ブルーグリーンです。

図柄はそのままに明るいお色は新鮮です。

スリッパの製作も好評です。

気に入られた柄で一点一点職人が作っております。

こちらは新作。

「ピンクアンドローズ」

1893年にウィリアムモリスによってデザインされた壁紙のデザインです。

「ピンク」とはカーネーションと同種であるナデシコの英名です。

絡み合う曲線で描いたバラとカーネーションを、光沢のある糸で立体的に織り上げ、コットンのようなナチュラルな風合いに仕上がっています。

他にも、多くのカーテン・ロールスクリーンなどのサンプルを展示しております。

こちらをクリックしていただくと店内をご覧いただけます。